外国の映画などで乾杯の時(主に酒場などで)にグラスの底でテーブルを…外国映画

ゲームでNFSがあるじゃないですか。

ゲームでNFSがあるじゃないですか。
外国映画でワイルド・スピードがあるじゃないですか。
そこでですが、もし映画版NFSとゲーム版ワイルド・スピードがあったら、あなたはどっちを選びますか?

映画「ワイルドスピード」の世界観をそのままゲームにしたのが「ニードフォースピード・アンダーグラウンド」なので、これからわざわざ「ワイルドスピード」をゲーム化する必要がないと思います。
それでもゲーム化するなら、映画のストーリーを追体験できるような別ジャンル(アドベンチャーなど?)がいいのではないでしょうか。

外国映画。
「ファイトクラブ」は本国アメリカでは人気無かったって本当??

外国映画。
「ファイトクラブ」は本国アメリカでは人気無かったって本当??何か、僕は今度、あの映画を見てみようと思うのですが、何かちょっと本で読んだのですが、テーマが消費社会に対する反抗勢力(レジスタンス?)の社会に対する戦いを描いた問題作だと聞いたのですが、何か、本国アメリカでは、「消費生活の何が悪い(逆ギレ??)!!」と言うような流れで、ぜんぜん人気が出ずに、更に、日本では、「ブラピ」人気ばかりクローズアップされて、結局テーマを誰が理解してみていたの??wwみたいな感じで書かれて居たのですが、本当ですか??て言うか、ブラピなんか起用するから、主旨がズレルんちゃうの??

「ファイト・クラブ」の興行収益はグロスで$37023395、「セブン」の$100125000や「メキシカン」の$66808615と比べると正直、残念な結果と言えるんじゃないかと思います。
消費社会批判というよりは、アンチ・フェミニズムをあれだけ前面に打ち出した作品ですので、女性層はたぶん総スカンだったんじゃないですかね。
わたしはこの映画、テーマはずばり「男性復活」だと思っているんですが、権利にうるさいアメリカの女性にはちょっと受け入れ難い内容だと思いました。
女性が強くなりすぎた結果、ナレーターのように鬱屈した精神状態に追い詰められて行き、その発露としての暴力と破壊行為を描くことで、「男たちよ、本当の自分を取り戻せ!」と叫んだのがあの映画だと思うんですよね。
だとしたらアメリカの女性たちは「バカ言ってんじゃないわよ」ぐらいの反応だと思いますし、実際、わたしの周りでも女性であの映画を褒めている人は少ないです。
わたしは女性ですが、正直なところ、可愛くてセクシーな女の子が、下着姿も同然の格好で出勤して来ても、ちょっと手を伸ばしちゃったらセクハラと断罪されちゃう現代の男の人って可哀想だし、おかしくなっちゃって当然だよな、と日ごろから思っているので、この映画の主張には思いっきり賛同しました。
そういう内容ですから、そもそもデート向きの映画ではありませんし、ファミリーやカップルでなく男性客をターゲットに作られた一般作品という意味で、この作品が興行的にイマイチだったことには納得出来ます。
男性復活、暴力肯定、破壊こそ男たちのアイデンティティだ!とやっちゃったわけですから・・・消費文明批判より、そちらの方が問題だったんじゃないですか?個人的には90年代最高の傑作だと思っているんですけどね。

そんなに難しくは考えなかったですが、私はとても、面白かったし、今でも、心に残ってます。>確かに消費社会がテーマですが、あまりそれに気づいた人はいない感じがしますね。
アメリカの映画データベース「IMDB」では8.8点なので、結構いい評価をされてるようです。

ちなみに今年の5月には映画をまねて、スタバを爆破する事件がありました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0018877>本国っていうか日本でもたいしてヒットしてないと思います。
公開時の宣伝文句も「ブラッド・ピットとデビッド・フィンチャー
セブンのコンビ再び」って感じで内容については
どう紹介していいのか配給側も良くわかってなかったようです。

映画のテーマ自体はそんなに大上段に構えたものではなく
まぁちゃぶ台ひっくり返しの大げさな奴という感じで
いろんな意味での破壊のオンパレード
自己破壊から常識破壊、文字通りの破壊までね。

ただしテーマを小難しく語る作品ではありません。
けっして万人受けする映画ではありませんが
ブラピもエドワード・ノートンもいい仕事してますよ。>

外国映画で、このストーリーの発想は良かったな!と思った映画は、どの映画ですか?

外国映画で、このストーリーの発想は良かったな!と思った映画は、どの映画ですか?

フォーンブースという映画です。
主人公の男の元に公衆電話がかかってきてその電話から始まるサスペンスアクションです

当時は、B映画のターミネーターの一作目です。
スト-リ-がしっかりしているのでその後の続編につながります。>「big」小学生が大人になっておもちゃ業界で大成功したり、大人の女性を落とす話「オーロラの彼方に」あるオーロラの夜に時空がずれて、死んだはずの父と亡くなる1日前にラジオが繋がる話>「ウェスト・ワールド」古いけど
「ミクロの決死圏」これも古い
「猿の惑星」
「マトリックス」
「ゾンビ」
「バンク・ジョブ」
「RED」
などなど>ど定番ですが、「インターステラー」「インセプション」は驚愕しました。あと地味に良かったのは「TIME」ですね。発想だけなら群を抜いてました。>『おみおくりの作法』>

外国の映画祭(カンヌやベネチアなど)よりハリウッドの映画祭の方が格上でしょうか?

外国の映画祭(カンヌやベネチアなど)よりハリウッドの映画祭の方が格上でしょうか?

ハリウッドの映画祭とはアカデミー賞のことですか?アカデミー賞は国際映画祭ではなく、まったく性格の異なるもので、比較すること自体に無理があります。

外国のホラー映画「13日の金曜日」「チャイルド・プレイ」「エルム街の悪夢」の様…

外国のホラー映画「13日の金曜日」「チャイルド・プレイ」「エルム街の悪夢」の様な殺人鬼が出る(外国の)ホラー映画探してます。
人外じゃなくても結構です(´>ω∂`)

あまり有名ではありませんが、バーニング、いかがでしょうか?

「ハロウィン」(1978)

ハロウィンシリーズの1作目。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハロウィン_(映画)#.E3.83.8F.E3.83.AD.E3.82.A6.E3.82.A3.E3.83.B3

「ラストサマー」(1997)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラストサマー>スクリームルールなどは、どうでしょう?なかなかおもしろいですよ>やはり「悪魔のいけにえ」シリーズだと思います!>

外国映画では、犯人を見つけると射殺することを前提としてますよね。

外国映画では、犯人を見つけると射殺することを前提としてますよね。
日本ドラマとかでは、犯人を見つけるとき、射殺などはないですよねこう言うのって、なぜ手足を撃ったりしないんですか?

射手のスキルにもよるでしょうけど、普通の警官の拳銃の技量では現場で「手足を狙って」なんてやってられないでしょう。
射撃場でしっかり両手で構え、何発か撃って修正しながらとかならそれなりに精度も良いでしょうけど。
それに、日本の警官の場合、基本的に拳銃は「威嚇」に用いられるんです。

そんな前提 無いよ~

お前が知らないだけだよ~

VAIBS>

外国の映画などで乾杯の時(主に酒場などで)にグラスの底でテーブルを叩くシーンが…

外国の映画などで乾杯の時(主に酒場などで)にグラスの底でテーブルを叩くシーンがたまにありますが、あれはどういう意味があるのでしょうか?その行為の由来だったり、行為そのものの発祥の地など、誰かご存じの方がいましたらご回答お願いします。

ショットガンだと思います。
ショットグラスに半分スピリッツを入れて、半分ソーダを入れます。
机にたたきつけると炭酸で真っ白になります。
透明にならないうちに飲めとよく言います。
それ以外ならただテンションあがっちゃってバーンみたいな感じだと思います

スピリッツとソーダだと透明ですよね。中身はウイスキーのような色でグラスもショットグラスより大きなグラスで2回叩きつけていた記憶もあるのでショットガンではないのですが…>